【賞味期限の切れた非常食は食べられる?】非常食の保存方法ローリングストック

備蓄している非常食の賞味期限が切れている…そんな経験はありませんか?

賞味期限の切れた非常食は食べられる?

賞味期限の切れてしまった非常食は、残念ですが基本的には食べない方がいいです。

ほんの少しのであれば問題ないかもしれませんが、大きく期限を過ぎてしまったものは残念ですが捨てましょう。もったいないからと言って健康を害してしまっては本末転倒になってしまいます。

災害に備えて備蓄している非常食ですが、賞味期限が3年や5年と長くても、気がつけば賞味期限が過ぎているということはよく起こります。

災害は忘れた頃にやってくるものなので備蓄は大切ですが、そう頻繁に非常食が必要な状況がやってくるわけでもありません。

賞味期限が切れた非常食を捨てて、新しい非常食を購入するのは、もったいないし抵抗がある。せっかく買ったのにお金の無駄になる。そう感じる方が多いのではないでしょうか。

そこで、非常食の保存・保管方法には「ローリングストック」という方法がオススメです。

非常食の保存法「ローリングストック」とは?

ある程度古くなった非常食を日常的に食べて消費し、食べて消費した分を新たに買い足すという、保存食の循環を繰り返しながら非常食を備蓄する方法です。

古くなったら日常的に消費し、食べた分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の賞味期限内の非常食を自宅に備蓄しておくことができます。

定期的に食べることによって、どの非常食が自分や家族の好みに合うのか確認することもでき、特にアレルギーをお持ちの方やお子さんがいる場合は、非常食をじっくり検討できる機会にもなります。

ローリングストックは、非常食を日常生活で消費しながら循環備蓄をすることです。

最近は非常食の味も格段に美味しくなっているので、日常的に時々食べることは全然苦にならないと思います。
味や食べ方など自分に合った保存食を見つける良い機会にもなります。

ローリングストックの図解画像



ローリングストックのポイント

ポイント① 古い非常食から消費する

非常食を消費する際は、食べたいものからではなく、一番古いものから消費するようにしましょう。

新しいものは左側に置き、古いものが右側にくるよう収納するなど、非常食の備蓄を工夫しながら順番に循環消費することが大切です。

ポイント② 消費した分は必ず新たに買い足して補充する

災害は突然やってくるものですから、いざという時に非常食のストックが減っているということがないように、食べた量だけ新たに買い足してこまめに循環備蓄をすることを心掛けましょう。

食料だけでなく、お水・ミネラルウォーターもローリングストックすることをお勧めします。

非常食以外でもローリングストックをしましょう

非常食だけに限らず、その他の非常用の備蓄品にもローリングストック(循環備蓄)は有効です。

乾電池、ボディシート、使い捨てカイロ、紙の食器などの消耗品や衛生用品も古くなってしまうと傷んでしまいます。

こういう備蓄品も、古いものから日常的に消費し、新たに買い足していくという循環型の備蓄にすると無駄がなくなり、いざという時に使えないということもありません。

ローリングストックをすることで定期的に備蓄品をチェックしたり防災を意識する良いきっかけになりますので、是非ご家庭で取り組んでみて下さい。

合わせて読みたいページ
合わせて読みたいページ